ブログ

【書評・レビュー】「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」から学ぶ事|人生を豊かにする朝時間の活用方法とは?

  1. AO THE BLUE CONCEPT >
  2. ブログ >

【書評・レビュー】「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」から学ぶ事|人生を豊かにする朝時間の活用方法とは?

はじめに、このビジネス書は「脳が一番働く朝の時間帯に、物事に集中して取り組める有意義な時間を過ごす事が、1日の時間を有効活用するポイントだという事を学べる本」だと感じ、私自身が学ぶ事ができた本だと思います。

今回ご紹介するおすすめのビジネス書は、著者・池田 千恵(いけだ ちえ)さんの「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」です。

この本は、私自身が朝方の生活スタイルにシフトするきっかけになった一冊でもあります。朝早く起き、朝の時間を有効活用する事で何が変わるのか、どの様な効果が得られるのかなど、朝4時起きをするための方法や意識の持ち方、朝の時間に対する考え方や価値観を含め学ぶ事ができる本だと思います。

「毎日が忙しくて、自己投資のための勉強をする時間がない」「仕事に費やす時間ばかりが多くて、自分の時間が作れない」といった事で悩んでいる方や、解決する方法を探している方にとっては、非常に有用なノウハウを学ぶ事ができる本だと思います。また、時間を有効活用するための方法やコツだけではなく、実際に実行する事で得られる効果やメリット、仕事やライフスタイルにおける考え方についても学ぶ事ができる一冊だと思います。

是非、今の仕事に対する時間の使い方や、これからの自分に対する時間の使い方に対して悩んでいる方は、この本を読んで時間を有効活用するための参考にして頂ければと思います。

※当コンテンツには、『朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!』のネタバレが含まれます。

 

「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」池田千恵著|書評・レビュー・感想

【書評・レビュー】朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!|池田千恵

脳が一番働く朝の時間帯に、物事に集中して取り組める有意義な時間を過ごす事が、1日の時間を有効活用するポイント

私自身、朝方の生活をしている事もあり、この本に書かれている内容について共感できるポイントは多くあります。

この本にも書かれていますが、人間の脳は午前中によく働き、夜よりも朝の方が脳を最大限に活用できる時間帯なのだそうです。この事は既にさまざまなメディアなどで取り上げられている内容だとは思いますが、私自身も実際に朝に物事を考えたり、仕事をこなす方がスムーズに進む事も実感としてありますし、企画やアイデアを考案するといった物事を考える仕事はなるべく朝や午前中に行う様に時間配分しています。脳の動きが悪い夕方や夜に物事を考えるタスクを行うよりも、効率的に仕事を進められる様に感じていますし、朝や午前中の方が集中して取り組む事ができるので、非常に理に適っているのではと思います。

また、朝は基本的には誰にも邪魔されずに物事に集中して取り組む事ができる時間です。仕事に費やす事もそうですが、自己投資のための勉強や読書、トレーニングの時間に費やす事も、1日を有意義に過ごすための時間の有効活用になるのではと思います。

時間は有限だという事は言うまでもありませんが、限られた時間をどの様に有効活用するか、効率的に過ごすかがやはり大切だと思いますし、そのための効果的な方法がこの朝の時間の使い方にあるのではないかと思います。単純に朝起きる時間を2〜3時間早めて、起きている時間を物理的に増やすという事ではなく、脳を最大限に活かせる状態で、誰にも邪魔される事なく、物事に集中して取り組める有意義な時間を過ごす事が、朝の時間の使い方のポイントでもあり、1日の時間を有効活用するポイントなのだと思います。

 

「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」を読んで共有&シェアしたい学び・考え方・活用法

共有&シェアしたい学び・考え方・活用法

ここからは「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」を通じて、私自身が共有・シェアしたいと思ったおすすめのポイントをピックアップし、ご紹介します。

私自身がこの本を読む事で感じた気付きや発見、感銘を受けたワード、本を読む事で得られた学びや考え方、活用法などをピックアップしていますので、是非参考にしてみてください。

朝は脳の働きを最大限に活用できるゴールデンタイム

多くのメディアや著書でも紹介されている様に、朝は脳が一番働く時間と言われていますので、その脳のメカニズムを最大限に活用しない手はないと思います。脳がクリアでリフレッシュされた状態だと、物事を考えたりアイデアを練ったりするのに相性も良く、集中して取り組む事ができるので非常に効率的だと感じます。

朝から午前中は主に物事を考えるクリエイティブな作業にあて、午後はルーティン化された作業にあてるといった作業の時間配分やタスク管理に私自身は活用している事も多いです。効率性や生産性を高める意味でも、朝の脳の働きを最大限活用する事は大切な事だと思いますし、1日の時間の有意義な使い方につながる事だと思います。

朝4時起きは「ワーク・ライフ・バランス」にも影響し、仕事・遊びにも相乗効果を発揮する

1日の時間の使い方が効率化・最適化されると、仕事の時間以外のライフスタイルの時間にも変化が起こってくると思います。その日に終わらせなければいけないタスクが早く完了すれば、自己投資のための時間や趣味の時間に費やす時間もしっかりと確保できますし、プライベートを充実させる有意義な時間を過ごす事が可能となります。

「ワーク」と「ライフ」のどちらの時間も有意義に過ごす事で、仕事から得る学びはもちろん、遊びから得る学びを仕事にも活用できる様になると思います。仕事・遊びのどちらにも相乗効果を得られる様にするためには、それぞれの時間を有意義に過ごす必要性があるのではと思います。

朝4時起きをする事で時間の価値観が変わり、効率性を意識して行動する様になる

朝4時に起きて早朝から活動をすると、私の経験からも1日が非常に長く感じられます。物理的に活動する時間が多くなっているからというよりは、物事がスムーズに進み、予定通りにタスクが完了している事による体感的な要因が大きい様に感じます。

仕事はスケジュール通りに進むと達成感や満足感を得られやすく、スケジュール通りに進まないと不満やストレス、疲労感が増すものだと、何かの本で読んだ事があります。それに近い感覚なのかもしれません。

スケジュールが思い通りに進み、タスクが予定通りに完了する事の快感を味わうと、自然と時間の使い方に対する意識が強くなると思います。日々の時間の使い方に意識を持てば、時間を効率的に使うための行動につながっていきます。

まずはその「意識」を持つためにも、朝4時起きをしてみる事を実際に試してみてはいかがでしょうか。

 

「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」を読んで心に残ったフレーズ 5選

心に残ったフレーズ紹介

ここでは「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」の本に書かれている内容から、私が個人的に心に残ったフレーズやワード、文章を引用してご紹介します。

心に残ったフレーズ【1】

朝4時起きの生活になると、今まで時間に追われて作れなかった、誰にも邪魔されず、じっくりと考える時間が増えます。

池田千恵著「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」より

日常は忙しいのは当たり前で、「毎日が忙しくて、自己投資のための勉強をする時間がない」「仕事に費やす時間ばかりが多くて、自分の時間が作れない」といった事で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

自己投資や趣味の時間を作ろうと思っていても、なかなか思った通りにはいかないもので、私自身も共感できる部分でもあります。やはり時間を作るためには、時間を作るためのコツが必要なのだと思いますし、それをすぐにでも実行できる事が、この朝4時起きのライフスタイルなのではと思います。

もちろん朝4時に起きる事が目的やゴールではありません。自分が有意義な1日を過ごすための時間の有効活用の手段の一つとして、朝4時に起きる事を考えてみてもよいのかもしれません。

心に残ったフレーズ【2】

「気付き」があるかないかの差は、ただ漠然と仕事をしているか、問題意識を持って仕事をしているかの差です。

池田千恵著「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」より

ビジネスあるあるではありますが、仕事に対して目的意識や問題意識などを持って取り組む事が、自分の成長にもつながるという考え方です。

何も考えずに漠然と与えられた仕事をこなすだけでは、成長は望めないと私も感じます。仕事だけの話ではなく、物事に対して自分なりに深く考える事が「気付き」や「意識」を生み、行動につながるのだと思います。

心に残ったフレーズ【3】

誰もが頭ではわかっているのに、実感として感じていないこと。それは、時間は有限だという事実です。

池田千恵著「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」より

この言葉の通り、時間は有限で限りがあるものです。まずはその意識を持つ事から、自分の行動が変わるのだと私は思います。

改めて見たり聞いたりしない限り、「時間は有限」である事は気付きにくい事だとは思いますが、常にこの意識を持って行動する事が充実したビジネスや仕事、ライフスタイルにつながっていくのだと思います。

心に残ったフレーズ【4】

趣味と仕事の境目がシームレスになってくると、周囲の出来事がなんでも楽しく見えてきます。そして、どんな出来事からもビジネスのヒントが見えてくるようになるのです。

池田千恵著「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」より

高島郁夫さんの「遊ばない社員はいらない」でも触れた様に、有意義な時間を過ごしていると、趣味や遊びからもビジネスのヒントを発見する事が出来る様になるという考え方です。

1日を有意義に過ごし、時間を有効活用する事が仕事やライフスタイルの充実にもつながる。そのための第一歩として、まずは朝4時起きのメリットや効果、時間に対する価値観をこの本を読んで学んでみてはいかがでしょうか。

心に残ったフレーズ【5】

価値がモノから情報に移り変わりつつある昨今、「情報が何よりも大事」というスタンスは、今後ますます重要になってくると思います。

池田千恵著「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」より

この本は2009年に発行されたと記載がありますが、この当時よりも「情報」に対する価値は高くなっている様に感じます。

SNSの普及もあり、今は誰もが簡単に情報を発信できる時代になり、YouTubeやTikTokの様に文字だけではなく動画による情報発信が主流になりつつある昨今。情報が溢れる中で、いかに自分に有用な情報を吸い上げて、インプットしていくかが重要なのだと思います。自分をアップデートするためにも、インプットのための時間を確保する必要があり、そのインプットするための時間の作り方のコツがやはり必要になってくるのだと感じます。

 

「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」のYouTube動画をご紹介

「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」の内容をより詳しく知りたい方は、YouTubeの方で解説している動画もありますのでご紹介させて頂きます。

是非こちらも参考にしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は池田 千恵さんの本より「朝4時起きで、すべてがうまく回りだす!」についてご紹介させて頂きました。

この本からは、脳のメカニズムを最大限に活用する朝時間のメリットや、それを実行する事で得られる1日の有意義な時間の過ごし方を詳しく学ぶ事ができると思います。

「毎日が忙しくて、自己投資のための勉強をする時間がない」「仕事に費やす時間ばかりが多くて、自分の時間が作れない」といった事で悩んでいる方にとっては、非常に参考になるおすすめの本だと思いますので、是非この本を読んでみて、朝の時間に活動する事の重要性を感じ取ってもらえたらと思います。

最後に、私がこの本と出会ったきっかけも、BOOKOFF(ブックオフ)のビジネス書コーナーです。数百円で購入した本でも、たくさんの事を学べる良書が多数置かれていますので、是非ビジネス書選びの参考に活用してみてください。

※当サイトでご紹介しているコンテンツは、あくまで個人的な感想や意見が含まれておりますので、その範疇まで参考程度にお読み頂ければ幸いです。

PROFILE

idv
idvAO THE BLUE CONCEPT 専属ブロガー
ファッション、インテリア、グッズなどの「モノ」に関する事や、おすすめの書籍やカフェの紹介、SDGsなどに関する「コト」について、独自の視点で感じた事をブログを通して発信しています。

-ブログ

© 2022 AO THE BLUE CONCEPT|青いモノ・コトのメディアサイト